バイアグラを覚えつつジェネリックに浮気|安さがカギを握る事情

もっとも古い薬

世界でもはじめてEDが治療出来るようになったのは1998年のことです。
日本では処方が開始されるまでに1年ほど経った1999年より処方が開始され、2016年の現在でも愛用する男性が多いとされるバイアグラ
この薬の特徴は、

・効き目が強い
・短時間作用
・高い

となり、イメージとしては一気に効いてスグに効き目がなくなるので、外せないSEXで必ず勃起させたい男性にはオススメです。
「どれ位の持続時間があるの?」と思われるかも知れませんが、本当に短いです。
長くても6時間がとなっているので、予め服用することを考えると一晩はもたないかも知れないですが、その分効き目の強さで補っているので強い武器になるはずです。
ただ、保険が効かないのが毎回使うのは気が引けてしまいますね。
1錠がバイアグラ50mgで1500円もしてしまうので、ホテル代なども考えると1回のSEXの為に失う金額はかなりのものになります。
若者にもEDが増えてきているだけにこの費用を工面するのは大変ですよね。
そこでオススメなのがバイアグラと同じ成分シルデナフィルを100mg含有するインド製のジェネリック薬のカマグラです。
この薬の特徴は、

・先発薬と同様の効果
・薬が錠剤以外にも有る
・安い

となり、成分が倍の100mgとなるので50mgでは効果が出なかった重度のEDの男性でも効果を期待する事が出来る優れものです。
剤形が錠剤と他にゼリー/チュアブル/発泡剤があるので、錠剤嫌いな方でも負担にならず服用することもでき、特にチュアブルはアメなので誰にも知られる事なくコッソリ服用することが出来てしまいます。
また、「薬だからいくらアメでも苦いんでしょ?」と思うかも知れませんが、有難いことにフルーツの味付けがなされているのでおやつ感覚で服用できてしまいます。
ジェネリック薬に切り替える利点は何といっても同じ成分を安く購入できてしまう事で、カマグラは1錠250円程度になっているので高い先発薬を購入するのであれば、カマグラは同じ金額で6錠も購入できてしまいます。
しかも同じ効果で、剤形を変えれば溶け出しが早くなるとも言われているので素早い効き目も期待できます。
値段や剤形はジェネリック薬だから出来る事なので、EDを治療したいけど金銭的な面で諦めていた男性も気軽に治療が行えるようになります。
海外の医薬品となるので購入は海外への注文となるのでネットなどで調べてみてはいかがですか?